美白と美肌を手に入れる!紫外線対策と日焼け止めクリームの選び方

過去にたくさん日焼けをしてしまった方、鏡を見て、自分のシミ、シワ、くすみに驚いたことはありませんか?
紫外線量が増えるこの季節、これ以上お肌がダメージを受けないように、正しい日焼け止めクリームの選び方をご紹介します。
美白対策にもなる、日焼け後のお肌に効く栄養素と食べ物も紹介します。

日焼け対策を見直して、美肌を取り戻しましょう!
<目次>

  • 紫外線のピーク到来!特に多くなる時期と時間帯は?
  • 日焼けによる肌への影響
  • 知っておきたい!日焼け止めクリームの正しい知識
  • 日焼けしてしまったあとのセルフケア
  • 日焼けしたあとの肌に良い食べ物
  • まとめ

 

紫外線のピーク到来!特に多くなる時期と時間帯は?

紫外線は5月頃から増え始め、6月には真夏並みの強さになります。
4月から9月の半年間で、年間の8割近くの紫外線が降り注ぐといわれています。
紫外線が多くなる時間帯は、正午をピークにして、午前10時~午後2時の4時間。
地上まで届く紫外線には2種類あり、肌を赤くしてしまう紫外線B波(UV‐B)と
肌の奥まで届いてしまう紫外線A波(UV‐A)があります。
肌を黒くしてしまうUV‐B が悪く思われていますが、
UV‐A もシミ・シワの原因となることがわかっています。
悪い影響ばかりが目につく紫外線。
これには、殺菌消毒作用、ビタミンDの合成、血行の促進
新陳代謝の促進など、役立つ作用も兼ね備えています。
紫外線を浴びすぎるのは良くないですが、
少しは太陽を浴びたほうが良いということもおさえておきましょう。

日焼けによる肌への影響

紫外線を浴びすぎて、日焼けしてしまうと、
肌が黒くなりシミの原因となるだけでなく、

他にも私たちのカラダに悪影響を与えてしまいます。

(1)肌荒れしやすくなる

紫外線を浴びることで、肌の表面にある角質層がダメージを受け、保湿機能が低下します。

その結果、肌は乾燥状態に陥り、些細な刺激にも敏感になり肌荒れしやすくなります。

(2)コラーゲンが減少し、シワが出来やすくなる

肌の奥には真皮があり、70%以上がコラーゲンで形成されています。
真皮まで紫外線が到達してしまうと、コラーゲンが変質し、肌全体のハリが失われ、

よりシワが出来やすい状態に陥ってしまいます。

(3)免疫力が低下し、ひどい場合には皮膚がんや白内障のリスクも

レジャーでたくさん太陽を浴びたあと、カラダが疲れやすいと感じたことはありませんか?
これは肌の表皮にある細胞が紫外線を浴びて弱ってしまうことが影響しているそうです。
日焼け後数日間は、全身の免疫力が低下しているという事実も。
また、紫外線を浴びることで体内に活性酸素が発生し、肌細胞が傷つき、
修復しきれなかった傷ついた遺伝子が変異し、がん細胞になる危険性も。

目の場合、白内障を引き起こしてしまうことがあり、白内障患者のうち2%が紫外線による発症といわれています。

知っておきたい!日焼け止めクリームの正しい知識

日焼け止めクリームに書かれてある、SPFとは紫外線B波から肌を守る働きをを言い、
数値が大きいほど効果が高くなります。
PAはシワやたるみの原因となる紫外線A波に有効で、

+の多さが紫外線A波に対する効果の高さを示しています。

(1)SPF1=15~20分の日焼け止め効果

SPF15だと、15倍効果があり、計算上は225~300分の効果となりますが、
日焼けするまでの時間は個人差があり、時間ではなく防御力の強さと考えましょう。

過剰に数値の高い日焼け止めクリームは、肌が乾燥しやすくなり、負担も多くなります。

(2)日焼け止めクリームの選び方のポイント

ベランダでの洗濯干しなど少しの時間ならSPF20くらい。
通勤や1時間以内の外出にはSPF35にPA++程度を。
海や山、スキー場など長時間アウトドアで過ごすならSPF50に加え、
PA++++のものを選びましょう。
紫外線B波は4月から9月に増えますが、紫外線A波は年中安定して降り注いでいます。
シワやくすみが気になったり、室内の窓際で長時間過ごす場合は、

冬の季節もPAのUVケアをしておきましょう。

(3)日焼け止めクリームの塗り方

目安として顔全体に塗るのに必要な量は、乳液タイプなら500円玉程度、
クリームタイプならアーモンド1粒が目安といわれています。
髪の毛の生え際も忘れず、少量ずつ丁寧に塗るようにしましょう。
目の下から、頬骨の高くなっている部分はとくに日焼けしやすく、
シミにもなりやすい部分です。重ね付けしてしっかりカバーしましょう。
アゴの下からデコルテ部分や耳の後ろも忘れがち!要注意ゾーンです。
日焼け止めクリームは時間が経つと効果が減少します。
こまめな塗り直しも重要です。
2~3時間ごとにティッシュオフして、SPF効果のあるパウダーファンデーションを
付け直すようだけでもカバー力は持続できます。
日焼け止めクリームを使用した日は、洗顔料だけでは落ちにくいので、

クレンジングと洗顔料を使って十分に落とし、洗顔後は化粧水で潤いを補いましょう。

日焼けしてしまったあとのセルフケア

もう日焼けしたくない!と思っていたのに、うっかり日焼けしてしまった・・・。

そんなときは、しっかりセルフケアをして美肌をキープしましょう。

(1)まずはクールダウン

メイクや日焼け止めクリームをおとしてから、冷たいシャワーを浴びるなど
ほてった肌を冷やしてあげましょう。

(2)しっかり水分補給

日焼けした皮膚をしっかり冷やした後は、水分補給することが大切です。
肌に塗るだけでなく、口からもスポーツドリンクなど水分補給をお忘れなく。

(3)たっぷり保湿

お肌に負担のかからない、刺激の少ない化粧水でたっぷりと保湿を。
化粧水を冷蔵庫で冷やしておくのもいいですよ。

コットンマスクなら、クールダウンしながら保湿も出来ます。 

日焼けしたあとの肌に良い食べ物

(1)ビタミンCとポリフェノールで美白

美白効果のあるビタミンCと、活性酸素により肌の酸化を防いでくれる
ポリフェノールを補給しましょう。
緑茶やコーヒーなど、ビタミンCは含まれています。

ちょこちょこ補給しやすいですね。

(2)オリーブオイルで若返りのビタミンE!

若返りのビタミンとよばれるビタミンEは、抗酸化作用が高く、
活性酸素の攻撃から細胞膜を守ってくれるもの。

オリーブオイルなら、サラダや料理で取り入れやすいですね。

(3)トマトのリコピンでメラニンをおさえる

真っ赤なトマトには、メラニン生成にかかわっているチロシナーゼの
働きを弱めるリコピンが豊富。
リコピンは脂溶性なので、オリーブオイルで炒めてトマトソースなどにすると

ビタミンEとリコピンが両方をとることが出来ますよ。

(4)抗酸化作用を高めるバナナでビタミンB

抗酸化作用が高いビタミンB群と美白にも有効なポリフェノールが豊富なのがバナナ。
ビタミンB群は水に溶けやすいのが難点なのですが、皮をむけばすぐに

食べることが出来るバナナは、栄養素を壊すことなく摂取することができます。

(5)海苔や納豆の亜鉛で新陳代謝を活発に

亜鉛には、新陳代謝を活発にする効果があります。
これらには、肌のターンオーバーを活性化させてくれます。
牡蠣やしじみ、海苔、納豆などに含まれています。

まとめ

シェリエではセルフケアだけでは物足りない方におススメのフェイシャルコースを
多数用意しております。
人気コースはホワイトニング(90分 ¥13,000)
日々受けている紫外線のダメージにより乱れた肌機能を回復させ、メラニンを含んだ余分な角質を除去します。
洗顔しても取れにくい、毛穴につまった皮脂による皮脂焼け防止にもなります。
「毛穴が目立たなくなった!」
「スッキリした!」
「顔色が明るくなった!」
と、効果がすぐに実感できるので、好評いただいています。
今からでも遅くありません!

正しい日焼け対策を身につけて、カラダの中から外からケアして美肌を取り戻したいですね。

営業時間

9:00 ~22:00

完全予約制

ご予約

メ-ル privatesaloncherie@gmail.com

電話  050-1261-4538

 

施術中は留守番電話になっております。

ご希望日時とご連絡先を頂きましたら折り返しご連絡致します。(聞き取りづらいことがあります為、お電話番号を2回お願い致します。)

お気軽にご連絡ください。お待ちしております。